脱毛サロンでこんなトラブルが…A

火傷など肌トラブル

脱毛サロンで使用しているレーザーはクリニックに比べて非常に弱く、肌へのダメージも少ないと思われがちです。
しかし実際に、「火傷をした」或いは「火傷痕が残った」というトラブルは存在します。

 

また、肌の炎症はほとんどの方に起こり、中には赤く腫れる場合もあります。
ヒリヒリと痛んだり、赤くなったり、腫れなど、皮膚科を受診する必要がある場合もあります。

 

ほかにも、毛穴に雑菌が入り毛嚢炎というニキビのような炎症を起こす場合がありますが、特にデリケートゾーンでは症状が強く出ると苦痛を伴います。
皮膚科の受診が必要な場合がありますので、長期に渡って我慢しないようにしましょう。

 

さらに、脱毛しているのにも関わらず、毛が濃くなったり太くなったりする増毛化、毛が硬くなる硬毛化があります。
毛が薄い方や産毛の脱毛などで起こることが多いです。

 

まさか!こんなに痛いの?!

「脱毛の施術が想像以上に痛かった」という方は、いらっしゃいます。
クリニックに比べてサロンの脱毛はレーザーが弱いため痛みも非常に少なくなっています。
しかし、乾燥肌の方や皮膚が薄い方などは、痛みを強く感じる場合があるようです。
痛いことに我慢ができず、脱毛を断念してしまう方もいらっしゃいますので、まずは体験コースを受けてみることをオススメします。

 

まさか!脱毛サロンが倒産?!

小さな脱毛サロンで予約も取りやすく、アットホームな雰囲気が好評。
そんな脱毛サロンが倒産するケースが、かつては珍しくないくらいありました。
最近では減りましたが、現在もゼロではありません。
この場合、もちろん施術は受けられませんし、料金の払い戻しもなく、契約者は泣き寝入りするしかないという場合が多いようです。

 

担当スタッフは話しにくい

脱毛効果や期間、肌質のことなど、担当スタッフに相談したいことはたくさんありますね。
しかし、相談をしても回答を得ることが出来ず、脱毛プランの提案も特にないまま施術に移った場合、非常に不安がありますね。
このような場合は、企業や店舗の社員教育にも問題があるかもしれませんが、ほとんどの場合、個人のスキルの低さの問題です。
担当スタッフを替えてもらえることで、解消することができるでしょう。
脱毛の施術は長期間に及びますので、遠慮せずに「●●さん以外のスタッフの方でお願いします」や「〇〇さんを担当にしてください」という風にお願いすると良いでしょう。

 

脱毛サロンへのアクセスが不便だった

知り合いの紹介や、HPなどを見て「ここへ行きたい!」と決めた脱毛サロンの場合、「通い始めたらアクセスが不便だった」ということがあります。
脱毛は2〜3ヶ月に1回の施術ですので、頻繁に通うことがありません。
しかし実際に通うとなると、数ヶ月に1回でもアクセスが不便な場所には通いにくいものです。
脱毛は長期に渡って通うことになりますので、アクセスは重要ですね。

 

脱毛サロンを選ぶときには、アクセスの良さも重視しましょう。