ニードル脱毛とは?

1980年代、永久脱毛と言えば『ニードル脱毛』でした。
当時の女性芸能人の多くが、このニードル脱毛でムダ毛の処理をしていたと言われています。

 

しかし、最近ではニードル脱毛自体が行われることはほとんどなく、主流となっている脱毛法は光脱毛やレーザー脱毛となっています。

 

ニードル脱毛が鳴りを潜めた原因に、施術の痛みがあります。

 

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は、毛を生やした状態でターゲットを見定めて行われます。
毛穴に針を刺し、電流を流して10〜20秒キープします。
電気の熱で毛根ダメージを与え、毛母細胞を腐食させます。
次々と毛穴に針を刺して電流を流し、その作業が繰り返されます。

 

脱毛サロンでのニードルの施術は資格を持ったスタッフのみが行うことができ、脱毛クリニックでも行っているところがあります。
現在も、老舗エステや大手ではニードル脱毛を行っているところがありますが、あまりニーズはないようです。
痛みが伴うため最後まで通うことができなかったり、下手なスタッフの施術で内出血や炎症を起こしたり、赤み、カサブタなどのトラブルも報告が少なくありません。
また、費用もほかの脱毛法に比べて割高で、施術の時間も長くかかります。

 

しかし、レーザーを当てられない部位や、色素沈着があるバストトップやほくろから生えている毛、埋没毛などにはニードル脱毛がより効果を得られるでしょう。
レーザー脱毛は色素の濃い部分で使用できないため、脱毛残りが出る可能性があります。

 

現在、レーザー脱毛や光脱毛など、かなり痛みが軽減された脱毛法が主流となっています。
部位によっては勧められることがあるかもしれませんが、もしもカウンセリングなどで勧められたときにはその理由を聞いて納得した上で行うようにしましょう。
強い痛みがあるということをお忘れなく!!

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!