脱毛中に気を付けたいこと

脱毛を始めたら、UVケアは念入りに行わなければいけません。
脱毛部位の日焼けは、その後の脱毛効果を下げるばかりでなく、火傷や炎症、色素沈着の原因にもなります。

 

また、脱毛中の保湿も重要です。
肌が乾燥しやすくなっていますし、乾燥した肌での施術は肌トラブルを引き起こしやすくなります。
保湿をサロン任せにせず、自宅でも毎日しっかり保湿するようにしましょう。

 

せっかく脱毛をしてツルツルのお肌を目指すのですから、肌もキレイな状態を保てるように気を付けましょう。

 

また、脱毛中に気を付けることとして、施術と施術の間のムダ毛の処理の仕方があります。
レーザー脱毛は、発毛の周期に合わせて行われます。
いま生えている分の脱毛を行いますが、生えているのは全体の1/3程度です。
脱毛の施術を行い、次に生えてきた分をまた脱毛します。
そうして全体の脱毛が終わっても、脱毛した箇所からまた生えてくるので、生えてきた分の脱毛を行います。
脱毛が繰り返されるたびに毛が細くなり、毛根の元気がなくなるため、徐々に生えにくくなっていくという仕組みです。
ですから、施術と施術の間にはある程度の期間があり、その間のムダ毛の処理は自分で行わなくてはいけません。
この時、毛抜きや脱毛器での処理は絶対にしてはいけません。
抜いてしまうことで発毛の周期が変わり、レーザー脱毛がなかなか進まないからです。
自分で処理をするときは、シェーバーを使用するのが好ましいでしょう。
場合によっては、「脱毛期間中は自分でムダ毛の処理をしないように!」と言われることもあるでしょう。

 

効果的な脱毛を行うのであれば、自分で行う処理についても気を付けなければいけませんね。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!