脱毛前に気を付けたいこと

脱毛を考えたとき、いますぐに行きたいかもしれませんが、ちょっと待ってください!
脱毛前に気を付けなければいけないことに、日焼けがあります。
最近は、年中紫外線が強く日焼け対策が必要ですが、脱毛にはこの日焼けが大敵です。
どんな脱毛法であっても日焼けは厳禁、肌が日焼けしてない状態で臨むことが必要です。

 

では、なぜ脱毛前に日焼けをしてはいけないのでしょう。

 

サロンや病院で行うレーザー脱毛は、黒い色に反応するようにできています。
ですから日焼けした肌ではレーザーの反応が悪く、思うような効果が発揮されません。
また、肌が炎症を起こし、火傷の原因になる場合もありますので、皮膚トラブルを引き起こす要因でもあるということです。
ですから、強い日焼けをしている場合には、脱毛サロンや病院での施術を断られるケースもあります。
脱毛を考えている場合にはまず日焼け予防をし、脱毛前、脱毛中、脱毛後まで、長期に渡ってUVケアを念入りに行ってください。
「焼かないつもりだったのに、焼けちゃった」ということもあります。
陽射しが弱いと感じても、毎日のUVケアを怠らないように心掛けましょう。

 

また、もうひとつ気を付けたいことに『保湿』があります。
脱毛後の保湿ケアは想定している方が多いのですが、「脱毛前の保湿は考えていなかった」という方が多くいらっしゃいます。
乾燥した肌で脱毛の施術を受けると、皮膚はダメージを受けやすく肌トラブルの原因となります。
火傷や炎症、色素沈着となって数年間 痕が残ってしまうケースもあります。
また、乾燥肌での施術では、痛みを強く感じたという方が多いというデータがあります。
脱毛しようと考えている部位の保湿を念入りに、下準備は必ず必要です。
せっかく脱毛をしてツルツルになっても、乾燥で肌がカサカサしていてはガッカリしてしまいます。
満足できる脱毛のためにも、十分心掛けてください。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!