永久脱毛とは

「もうムダ毛の処理はしたくない」という方には、『永久脱毛』は魅力的な響きですね。

 

『永久脱毛』永久に続く脱毛でしょうか。

 

実は、『永久脱毛』の定義は「脱毛終了1ヶ月後、毛の再生率が20%以下である脱毛法」となっています。
『永久脱毛』の「永久」は、つい1ヶ月先までということなのです。
少しガッカリしてしまう方もいらっしゃるでしょう。
いかにも無毛になるような響きを持っていますが、実際の意味は残念ながら違うのです。

 

現在、日本で受けられる施術の中で最も高い効果がある『永久脱毛』は「針脱毛」だと言われています。
「針脱毛」その名の通り、毛穴に刺した針に電気を流し毛根を焼き切る方法です。
それを1本1本行うのですから、大変な痛みと苦痛を伴うことは、十分想像できますね。
多大な時間と苦痛の中で、肌へのダメージも、また危険性もあります。
『永久脱毛』として効果が高くても、一般的な脱毛法にはなり得ない方法だということです。

 

現在、永久脱毛の主流はレーザー脱毛です。
医療脱毛におけるレーザー施術は、高い確率で毛根の細胞を破壊し、完全に毛が無くなることがなくても、半永久的な脱毛効果が持続できます。

 

いかがでしょうか。
日常のムダ毛処理の煩わしさから解放されたり、コンプレックスを克服できるとしたら、時間とお金をかかて『永久脱毛』の施術を受けてみたいと思いませんか。

 

ただし、医療レーザーの使用は法律の規定により医療機関でしか受けることができませんので、同様の施術をエステなどで受けることはできません。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!