脱毛と毛の成長サイクル

脱毛の施術は、1度行っただけでは終わりません。
数回に渡って施術を受ける必要があります。

 

一般的に脱毛サロンでは18回以上の施術が必要だと言われています。
場合によっては、数年に渡って通っている方もいるでしょう。

 

医療脱毛の場合、5回ほどの通院で脱毛が完了します。

 

この違いは、レーザー脱毛におけるレーザーの強さで、1度の施術で確実に毛根の細胞を破壊する医療レーザーに比べて、脱毛サロンの弱いレーザーでは毛根の細胞にダメージを与える程度です。
ですから、その分脱毛サロンの施術回数が多いというわけです。

 

人間の皮膚に生えている毛は、実は全体の1/3未満程度だと言われています。
脱毛は、生えている毛にしか行うことができないため、生え変わりのサイクルを考慮しながらプランを立てる必要があります。
人間の毛は、実にバラバラにそれぞれが生え変わり、生えてきたものから順々に脱毛をしていくというわけです。

 

毛の生え変わりの成長サイクルを『毛周期』と言います。
部位によって毛周期は異なり、その見極めがしっかりできなければ効果的な脱毛を行うことができません。
つまり、脱毛は施術の技術だけでなく、毛周期の見極めも肝心だということですね。

 

いま生えている毛を脱毛し、次の周期の毛が生えたところで次の脱毛を行います。
医療脱毛であれば、この1回の施術で毛根の細胞を破壊するため、その毛が生えてくることはほとんどありません。
しかし、脱毛エステの施術では、毛根の細胞にダメージを与える程度なので、脱毛した箇所の毛はまた生えてきます。
何度も何度も生えてくるたびにダメージを与えて、徐々に傷めつけて破壊するため、脱毛に時間がかかってしまうのです。
「何年も通っている」という方や、「途中でやめてしまった」という方も少なくありません。
ただし、医療脱毛よりもお安く受けることができるので、長期であっても気長に通うという方には合っているかもしれませんね。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!