脱毛で起こるデメリット

脱毛すると肌がツルツルになり、例えばそれがコンプレックスだった場合には、心も晴れるでしょう。

 

しかし、必ずしも全てが解決するわけではありません。
何事にもメリットデメリットがあるように、脱毛にもデメリットがあります。

 

毛嚢炎

毛嚢炎はニキビのような症状です。
特に、髭やデリケートゾーンの脱毛で出やすく、場合によっては数多く出てしまう場合もあるでしょう。
レーザーや光で脱毛で起こるもので、毛穴の炎症で起こるものです。
放置しておくと数日で自然治癒する場合もありますが、直りにくい場合や悪化傾向にある場合には皮膚科を受診しましょう。

 

火傷

熱を伴うレーザーや光脱毛は、火傷の危険があります。
特に細い毛の施術は高温で行わなければ効果を得られないため、火傷のリスクが高くなります。
乾燥や皮膚温度が高い状態では火傷しやすくなりますので、しっかりと保湿をし、クールダウンする必要がありますね。

 

多毛化・硬毛化

毛が多くなるのが『多毛化』、細い毛が太くなるのが『硬毛化』です。
いずれも産毛や細い毛への施術でおこり、施術を繰り返すことで悪循環になってしまいます。
脱毛したのに毛が増えた、毛が太くなった、など信じられないかもしれませんね。
経験のある施術者であれば、事前の判断が可能な場合もあります。

 

色素沈着

色素沈着脱毛は、火傷の一歩手前で炎症を起こし、炎症が治癒する際にメラニン色素の生成によって黒ずみが出てしまうケースです。
色素沈着の完治は非常に時間がかかり、場合によっては何年もかかってしまうこともあります。
赤みが出ている場合には、日光に当たらないように気を付けましょう。

 

白斑・ケロイド

白斑は、メラニン色素が飛んで、部分的に白くなる現象です。
ケロイドは、肌についた傷が治ると同時に盛り上がる現象です。
いずれも先天的な体質である場合が多く、脱毛で火傷や炎症を起こすことで一生傷が残る可能性があります。
体質に心当たりがある場合には、脱毛することはおすすめしません。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!