子供の脱毛を考える

「どうして私の腕や脚には、こんなに毛が生えてるの?」
子供にそんなことを言われたら、どう対応しますか。

 

女の子の場合には、生理が始まって女性ホルモンが優位になると、毛の生え方に変化が見られます。
初潮から5年ほどでホルモンバランスが安定してきますので、それまで様子を見るのもひとつの方法です。

 

しかし、毛深いことが原因で男の子にからかわれたり、或いはいじめのような出来事があった場合、親としては何とかしてあげたいと考えるかもしれませんね。
夏でも腕や脚が隠れる洋服しか着なかったり、半袖短パンの体育を見学するようなことがあれば、それを無理に強制することができるでしょうか。
もちろんそれができる親御さんも、そうできる子供さんもいるでしょう。
しかし最近は『いじめ』に敏感に対応し、いじめられないように行動を起こす親御さんも非常に増えています。
自分の子供がいじめられたら・・、そう考えると何もせずにはいられませんね。

 

しかし一方で、人の身体的な特徴を取り上げて指摘することに反応して合わせていく必要があるのか、という疑問もあります。
冷静に考えればそうです。
もちろん、議論の場があれば身体的な特徴を取り上げてからかう方が悪いでしょう。
しかしそのことについて話し合うことは可能でしょうか。
恐らく、ほとんどの場合で難しいですね。

 

では、どのように対処していきますか。
心の中で否定的に考えていたかもしれない「子供の脱毛」であっても、自分の子供がそういった状況になれば、見方は変わってきます。

 

「子供の脱毛」が単なるオシャレだけで行われているのではなく、切実な理由がある場合もあるということを覚えておきたいですね。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!