子供の脱毛、気になる効果と費用

脱毛が大人の女性のものだった時代はとっくの昔に終わりました。
今や脱毛は性別や年齢に関わらない美容として注目されています。
「関わらない」と言っても、年齢の制限はそれぞれのサロンで設けられており、小中学生の脱毛も珍しくないものになりました。

 

子供の脱毛も大人同様にパーツごとの施術が可能です。
ひじ下、ひざ下、鼻の下、脇の下など、希望の箇所の脱毛だけを行うことができるのです。

 

子供の脱毛には賛否両論あるでしょう。
しかし、脱毛を決意する背景には様々な思いがあり、毛深さがからかいの原因になったりそれがいじめに発展することを不安に思う親御さんが、子供さんの手を引いてサロン訪れるケースが多くなっています。

 

子供の脱毛は、成長過程にあるため大人と同様の効果は得られないことがほとんどです。
発毛は男性ホルモンの影響が大きく、女性は初潮を迎えて女性ホルモンが優位になります。
初潮から5年はホルモンが安定しないため、発毛に関しても変化が見られるのです。
「脱毛したのに、結局毛深いままだわ・・」ということもあるでしょう。
ですから、子供の脱毛は将来的な効果まで期待せずに、「とりあえず今」の脱毛だけだけが叶うものだと思ってください。

 

費用や回数はサロンによって異なりますが、「親子で脱毛コース」など割安のコースがある場合が多く、また「〇回で●●円!」というパック販売の場合には追加施術の料金も確認しておくと良いですね。
子供のムダ毛は大人と違って産毛のような細く柔らかい毛が多いので、大人よりも少ない回数で実感することができるでしょう。
具体的にはサロンのHPなどでチェックすると良いですね。

 

また、脱毛の施術は日焼けをしていては受けることができません。
傷や虫刺され後があると、そこを避けた施術となり脱毛ムラになってしまいます。
さらに、脱毛の施術中は紫外線に当たらないようにしなくてはいけません。

 

様々な規制があるため、小さなお子さんには難しいかもしれませんね。
申し込んでから「やっぱりできない」という風になっては、費用が無駄になってしまいます。
親子でよく相談をして、考えるようにしましょう。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!