子供のムダ毛処理

夏が来て、小学校では体操着が半そで短パンになります。
それがとても憂鬱になってしまう子供がいます。

 

「ほかの子と比べて毛深いから」
それがからかいの原因となり、学校へ行くのも嫌になってしまうそうです。
ましてプール授業など、絶対に受けたくない授業。
子供にとっては深刻ですね。

 

ドラッグストアへ行けば脱毛ワックスや除毛クリームを購入することができますし、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたり、脱毛器で脱毛することもできます。
また、最近では脱毛サロンで子供の脱毛を受け付けているところも多く、それぞれ年齢制限は異なりますが、3歳児から受け付けるサロンもあるほどです。

 

脱毛ワックス

手軽に行うことができますが、肌への負担が非常に大きく、痛みを伴う場合が多くあります。
効果は1週間程度。ある程度の長さがなければできないため、少し伸ばす必要があります。

 

カミソリ

コストも低く、自宅のお風呂などで簡単に行うことができますが、肌荒れや黒ずみの原因になります。
効果の期間は短く、すぐに伸びてくるので小まめに行う必要があります。

 

毛抜き

1度にできる範囲に限界があり、肌の黒ずみや埋没毛の原因にもなります。
効果は比較的長いほうですが、広範囲の場合には不向きです。

 

脱毛器

メーカーによって痛みを伴う場合はあり、肌を傷める原因にもなります。
ある程度の長さがなければできないため、少し伸ばす必要があります。

 

脱毛エステ

各サロンで年齢制限や条件が異なります。
何度もサロンに通う必要があり、ほかの方法に比べて高いコストがかかります。
保護者同伴の上でよく説明を聞き、危険やリスクについても確認をしましょう。

 

子供の脱毛については、賛否両論あるでしょう。
正解は、その子によって異なるのかもしれません。
親子でしっかりと話し合って、良い方向へ進むと良いですね。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!