妊娠中の脱毛、大丈夫?

妊娠中、脱毛サロンで施術を受けることは可能でしょうか。
答えは『NO』です。

 

光脱毛やレーザー脱毛は、決して胎児や母体に悪影響があるわけではありません。
しかし脱毛サロンでは、妊娠中の脱毛施術の申し込みは例外なく断られます。

 

「胎児や母体に悪影響がないのであれば良いのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、脱毛の痛みや刺激が母体にストレスを与える場合もありますし、間接的ではあってもトラブルの原因になり得ます。
また、妊娠中は体調が不安定であるため、施術中に具合が悪くなったり、吐き気やめまいなどが起こることも有り得ます。
施術の部位や、妊娠初期・中期・後期の時期に関わらず、妊娠中の方の脱毛はお断りされます。

 

また、妊娠中の肌は非常に敏感になっておりますので、肌荒れや炎症、色素沈着になる場合もあります。
万が一、脱毛中に妊娠が判明した場合には、すぐにサロンに報告をして、一旦脱毛を中止しましょう。
いずれ時間に余裕ができたら再開することができますので、心配は要りません。
ただし、実際には子どもが生まれても時間に余裕ができるまでは何年もかかって、断念する方も多いようです。
脱毛をお考えであれば、妊娠の予定がない時期を選ぶと良いでしょう。

 

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって身体の産毛が増える傾向にあります。
一時的に毛深くなったと感じることがあるかもしれませんが、出産を経て産毛は抜け落ちてしまいます。
どうしても気になる場合には、カミソリや除毛剤など肌に負担がかかる方法ではなく、シェーバーなど極力肌に負担がかからない方法を選択しましょう。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!