医療脱毛とエステの脱毛の違い

『脱毛』で思い浮かべるのはエステサロンではないでしょうか。
大手エステサロンでは脱毛コースをいくつか設けて、お客様のニーズに合った施術を選択することができます。

 

一方、医療脱毛にはどんなイメージがありますか。
「エステより高そう」
「やることはエステと同じじゃないの?」
「医師の施術で、美しさを求められるのかな」

 

そうです。
一般的なイメージでは、医療脱毛よりエステの脱毛のほうが安くてキレイな仕上がりだと思われているようです。

 

では実際、医療脱毛とエステの脱毛ではどんな違いがあるのでしょう。

 

医療脱毛での施術は、医師や看護師など有資格者が行います。
ですから医療の現場でしか使用することが許可されていないレーザー脱毛が可能です。
医療レーザーは、毛根の発毛指令を出す毛乳頭という細胞を破壊し、発毛指令を出せなくすることで脱毛していきます。
この施術により、今生えている毛が自然に抜け、その後発毛することはなくなるという流れになっています。
この『細胞の破壊』は、医療行為として法律で定められ、医療機関以外では受けることができません。

 

では、エステで謳っている『レーザー脱毛』は、それとは違うのでしょうか。
エステで行うレーザー脱毛は、発毛指令を出す細胞を破壊せず、ダメージを与えて脱毛するというやり方なので、施術後にもまた生えてきます。
万が一、エステで医療脱毛と同じレーザーを使用しているとしたら、それは違法行為となりますね。

 

>>毛深い子供が救われた痛くない脱毛方法とは?小学生でも安心!