脱毛@記事一覧

『脱毛』で思い浮かべるのはエステサロンではないでしょうか。大手エステサロンでは脱毛コースをいくつか設けて、お客様のニーズに合った施術を選択することができます。一方、医療脱毛にはどんなイメージがありますか。「エステより高そう」「やることはエステと同じじゃないの?」「医師の施術で、美しさを求められるのかな」そうです。一般的なイメージでは、医療脱毛よりエステの脱毛のほうが安くてキレイな仕上がりだと思われ...

脱毛の施術を受けられるのは、医療機関やエステなどがあります。ただし、この2つには大きな違いがあることをご存知でしょうか。医療脱毛医療用レーザーを使用し、毛根の発毛指令を出す細胞を破壊します。発毛指令が出されないため、生えてくることはありません。強いレーザーですので短時間で施術することができ、個人差はありますが5回程度の施術で終了することが多いようです。医療用レーザーは、法律で医療機関でのみ使用が許...

全身脱毛をしたい!永久脱毛をしたい!という方は多いのではないでしょうか。しかし、思うだけでなかなか通いだすには至らない人が多いようです。理由は、「高そうだから」「危険性が気になる」「長期間通うのが面倒」などがあります。もちろん、危険を冒してまで脱毛したいと考える人はいないでしょう。また、あまりに高額では、やはり二の足を踏んでしまいますね。ここでは、脱毛したときに考えられる肌トラブルについてお話しし...

脱毛することで負うデメリットがあることを忘れてはいけません。通い始めてから「やめとけば良かった・・・」などということがないよう、よく考えておきましょう。お金と時間の問題デメリットと言うほどではありませんが、脱毛にはお金も時間もかかります。発毛のサイクルに合わせた施術が必要なため、都合や計画通りに行くとは限りません。ある程度、時間にもお金にも余裕があるときに始めましょう。本当に生えなくなっても大丈夫...

脱毛すると肌がツルツルになり、例えばそれがコンプレックスだった場合には、心も晴れるでしょう。しかし、必ずしも全てが解決するわけではありません。何事にもメリットデメリットがあるように、脱毛にもデメリットがあります。毛嚢炎毛嚢炎はニキビのような症状です。特に、髭やデリケートゾーンの脱毛で出やすく、場合によっては数多く出てしまう場合もあるでしょう。レーザーや光で脱毛で起こるもので、毛穴の炎症で起こるもの...

脱毛の施術は、1度行っただけでは終わりません。数回に渡って施術を受ける必要があります。一般的に脱毛サロンでは18回以上の施術が必要だと言われています。場合によっては、数年に渡って通っている方もいるでしょう。医療脱毛の場合、5回ほどの通院で脱毛が完了します。この違いは、レーザー脱毛におけるレーザーの強さで、1度の施術で確実に毛根の細胞を破壊する医療レーザーに比べて、脱毛サロンの弱いレーザーでは毛根の...

「もうムダ毛の処理はしたくない」という方には、『永久脱毛』は魅力的な響きですね。『永久脱毛』永久に続く脱毛でしょうか。実は、『永久脱毛』の定義は「脱毛終了1ヶ月後、毛の再生率が20%以下である脱毛法」となっています。『永久脱毛』の「永久」は、つい1ヶ月先までということなのです。少しガッカリしてしまう方もいらっしゃるでしょう。いかにも無毛になるような響きを持っていますが、実際の意味は残念ながら違うの...

脱毛を考えたとき、いますぐに行きたいかもしれませんが、ちょっと待ってください!脱毛前に気を付けなければいけないことに、日焼けがあります。最近は、年中紫外線が強く日焼け対策が必要ですが、脱毛にはこの日焼けが大敵です。どんな脱毛法であっても日焼けは厳禁、肌が日焼けしてない状態で臨むことが必要です。では、なぜ脱毛前に日焼けをしてはいけないのでしょう。サロンや病院で行うレーザー脱毛は、黒い色に反応するよう...

脱毛を始めたら、UVケアは念入りに行わなければいけません。脱毛部位の日焼けは、その後の脱毛効果を下げるばかりでなく、火傷や炎症、色素沈着の原因にもなります。また、脱毛中の保湿も重要です。肌が乾燥しやすくなっていますし、乾燥した肌での施術は肌トラブルを引き起こしやすくなります。保湿をサロン任せにせず、自宅でも毎日しっかり保湿するようにしましょう。せっかく脱毛をしてツルツルのお肌を目指すのですから、肌...

脱毛後のお肌は非常にデリケートになっています。肌荒れや強い炎症、火傷など、簡単に肌トラブルを起こす状況にあります。ですから、ケアは脱毛サロンに任せっぱなしにせず、自宅でも行うようにしましょう。脱毛当日の入浴は控えましょう。シャワーを浴びるだけにし、身体を温めたり擦ったりしないようにしてください。また、石鹸を使用する場合には低刺激のものを用意し、ピーリング効果のあるものやスクラブ入りなどは避けてくだ...

昨今、全身脱毛は女性に人気が高く、トータルで考える脱毛が主流になりつつあります。ワキやビキニライン、ひじ下、ひざ下などの部位別に脱毛の施術を受けるより、全身脱毛で契約をした方が割安になることが多く、期間は長くかかりますが非常に人気が高くなっています。全身脱毛では、ワキ、ビキニライン、腕や脚、顔のムダ毛の脱毛など全身の脱毛を行います。(*ただし、IVOラインの脱毛は含まれません。)全身脱毛は、脱毛サ...

顔の産毛の処理は、意外と面倒です。しかし、処理をしなければ、女性の場合は化粧のりが悪くなりますし、男性の場合は髭が伸び放題になってしまいます。最近では、男女問わず顔脱毛を行う方が増えています。普段はカミソリやシェーバーで手入れをしているという方が多いでしょう。顔脱毛をすることで、普段のケアの必要がなくなります。まず、どこのサロン、或いはクリニックに行くかを検討します。いまはインターネットなどで簡単...

顔の産毛の処理は、意外と面倒です。しかし、処理をしなければ、女性の場合は化粧のりが悪くなりますし、男性の場合は髭が伸び放題になってしまいます。普段はカミソリやシェーバーで手入れをしているという方が多いでしょう。最近では、男女問わず顔脱毛を行う方が増えています。顔脱毛をすることで、普段のケアの必要がなくなります。まず、サロンやクリニックを選択しましょう。いまはインターネットなどで簡単に調べることがで...

顔脱毛が終わっても、その後のケアの仕方に不安はありませんか。脱毛後は肌が敏感になっていますので、ケアを怠ることで肌トラブルを招く可能性もあります。顔脱毛後の保湿ケアは、より念入りに行うようにしましょう。脱毛後の肌は、非常に乾燥しやすくなっています。サロンやクリニックによっては、アフターケアまでをセットにしている場合もありますので、通常以上の乾燥がなければ入浴後のケア程度で良いでしょう。ただし、サロ...

かつて芸能人やモデルが行っていた『全身脱毛』『永久脱毛』などの脱毛が、今や一般的なものになっています。若い方から年配の方まで年齢層も幅広く、中には小学生や中学生もいるほどです。また、女性に限ったことではなく男性の脱毛も増え、サロンでは男性客を対象にした商品も増えましたし、『男性専門脱毛サロン』も登場しています。それだけ男性の脱毛に対する関心が高いことが分かりますし、以前に比べて非常に通いやすい環境...

妊娠中、脱毛サロンで施術を受けることは可能でしょうか。答えは『NO』です。光脱毛やレーザー脱毛は、決して胎児や母体に悪影響があるわけではありません。しかし脱毛サロンでは、妊娠中の脱毛施術の申し込みは例外なく断られます。「胎児や母体に悪影響がないのであれば良いのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、脱毛の痛みや刺激が母体にストレスを与える場合もありますし、間接的ではあってもトラブルの原因に...

ハイジーナ脱毛とは、いわゆる『VIO脱毛』のことです。Vライン、Iライン、Oラインの脱毛は、自宅で行うにはリスクが高く、危険も伴います。全身ほかの部位に比べてデリケートな場所でもありますので、カミソリや脱毛器で行うには勇気が要るかもしれませんね。しかし、VIOの部位を脱毛してもらうに当たって「恥ずかしい」という声も少なくありません。「自分でやるにはリスクが高いけど、サロンでやってもらうには恥ずかし...

ハイジーナ脱毛とはいわゆるVIO脱毛のことで、Vライン、Iライン、Oラインの脱毛施術のことを指します。実際にハイジーナ脱毛を考えている方の中には、「恥ずかしさ」や「痛み」の不安などで踏み切れない方も少なくないようです。また、「ハイジーナ脱毛をして後悔しないか・・」と考える方も多くいらっしゃいます。温泉などでは、アンダーヘアがツルツルであることが目立ってしまったり、友達との旅行で見られたらどう思われ...

最近は小さな子供でも大人のようなオシャレをしていることが多く、洋服だけでなく靴やアクセサリー、ヘアスタイルやメイクなどにも凝っている子供をよく見かけます。パーマをかけたりヘアカラーする子も、決して珍しくはなくなりました。大人に追いつくほどのオシャレの価値観に、当たり前のように『脱毛』が含まれます。ミニスカートやショートパンツから伸びた長い脚に、ムダ毛が生えていては気になるようですね。「子供なのに?...

夏が来て、小学校では体操着が半そで短パンになります。それがとても憂鬱になってしまう子供がいます。「ほかの子と比べて毛深いから」それがからかいの原因となり、学校へ行くのも嫌になってしまうそうです。ましてプール授業など、絶対に受けたくない授業。子供にとっては深刻ですね。ドラッグストアへ行けば脱毛ワックスや除毛クリームを購入することができますし、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたり、脱毛器で脱毛することも...

子供さんの毛深さで悩んでいる親御さんが多くいらっしゃいます。最近、年齢の低い子供の脱毛を行う脱毛サロンもあり、賛否両論あるようです。「子供の脱毛」あなたはどう思われますか?そもそも、子宮内にいるときの胎児はかなり毛深いものです。ある程度抜けて生まれてきますが、生まれたばかりの赤ちゃんが毛深かった記憶はありませんか?背中やおでこのあたりにも産毛が生えている場合が多いのです。しかし、あまり抜けずに生ま...

女性の場合、脱毛を始める年齢で最も多いのは、10代後半〜20代前半です。ある程度、自分で自由に遣えるお金と時間を持てるようになる時期ですね。しかし最近、脱毛を希望する低年齢化が見られ、それに応えるように脱毛サロンの受け入れ年齢が低下していることにも驚きます。サロンによっては『3歳〜』というところもあり、ニーズがあることにも驚かされますね。かつて、サロンで受ける脱毛の施術は、決して安いものではなかっ...

かつて、脱毛は大人の女性のものでした。現在、脱毛は男女問わず行われ、また小学校低学年で脱毛をしているというケースも増えています。子供時代からオシャレに気配りをする最近の子供は、毛深さも気になるようですね。確かに昔も毛深さを気にする子供はいました。からかいの原因にもなりますし、恥ずかしいという子もいましたね。しかし、だから「脱毛しよう!」という発想を持つ子供はいませんでしたし、「じゃあ脱毛すればいい...

脱毛が大人の女性のものだった時代はとっくの昔に終わりました。今や脱毛は性別や年齢に関わらない美容として注目されています。「関わらない」と言っても、年齢の制限はそれぞれのサロンで設けられており、小中学生の脱毛も珍しくないものになりました。子供の脱毛も大人同様にパーツごとの施術が可能です。ひじ下、ひざ下、鼻の下、脇の下など、希望の箇所の脱毛だけを行うことができるのです。子供の脱毛には賛否両論あるでしょ...

「どうして私の腕や脚には、こんなに毛が生えてるの?」子供にそんなことを言われたら、どう対応しますか。女の子の場合には、生理が始まって女性ホルモンが優位になると、毛の生え方に変化が見られます。初潮から5年ほどでホルモンバランスが安定してきますので、それまで様子を見るのもひとつの方法です。しかし、毛深いことが原因で男の子にからかわれたり、或いはいじめのような出来事があった場合、親としては何とかしてあげ...